裸足生活には一難去ってまた一難!?

裸足フェチへ送る、女子高生の愉快な非日常裸足ストーリー。

22.雪と裸足

【スポンサーリンク】
/* ↓この間に取得したアドセンスのコード */ /* ↑この間に取得したアドセンスのコード */

意を決して、一面真っ白な銀世界に、裸足で足を一歩踏み入れた。想像していたほど、冷たくなかった。

瑞波「…あれ?そんなに冷たくないかも。しかもフワフワしてて何だか気持ちいいくらい。これならいける!…」

しかし、その考えはすぐに否定されることとなった。

瑞波「…やっぱり冷たい!!あとからめちゃめちゃ冷たい!!これはキツいかも…!」

瑞波は冷たさのあまり、歩き方がおかしくなっていた。

美波「もー、言わんこっちゃない。だから靴貸すよって言ったのに。」

瑞波「なーに!じきに慣れるって!」

そうは言ってみたものの、既に足の感覚はとうの昔に無くなっており、刺すような冷たさだけが残っていた。

瑞波「うぅぅ!つっめたっ!!」

思わずその場に座り込み、裸足のつま先を手で掴んだ。

美波「やっぱり、無理あるんじゃない?まだ学校出たばっかだよ?家まで15分ぐらい歩くっていうのに。」

瑞波「ちょっと休憩するだけ!待たせるの悪いし美波は先帰ってて。私は大丈夫だから。本当に大丈夫だって!」

美波「1人で置いてく訳にはいかないよー。私も待ってるからさ。」

瑞波「いいよー、本当に気にしないで!先帰ってて!瑞波からのお願いだよー?友達のお願い聞いてよー」

美波「もう、そこまで言うんだったら、本当に先帰っちゃうからねー」

瑞波「うん!そうしてー!じゃ、また明日ね!」

美波「うん、また明日ー!家まで帰るの、頑張ってよー」

瑞波「うん!ありがとー」

美波は温かそうなブーツを履いて歩いて行った。

瑞波はまだ足から手を離せないでいた。

瑞波「…冷たすぎる…!これは拷問に近いよ…。」

瑞波は裸足生活史上、過去最大の壁に直面していた。

 

5分ほどその場に座り込んでいたが、意を決して立ち上がったかと思えば、猛ダッシュで走り出した。

瑞波「冷たさを感じる前に地面から足を離すようにすれば大丈夫っしょ!!」

しかし、そう甘くはなく、走り出して間も無く足に冷たさが襲う。瑞波はお構い無しに走り続けた。必死に冷たさをこらえて、無我夢中で走った。

目の前で信号が赤になる。瑞波はその場に座り込み、足に息を吐いたり、足裏同士をこすって温めたりした。その瞬間は温かくなるのだが、すぐに冷たさが戻ってくる。

瑞波の足は、まるで足湯でも入った後かのように真っ赤になっていた。

足の裏は、雪が地面を覆っているおかげで全く汚れていないが、真っ赤になっている。f:id:ngot68127774:20181010012144j:image

信号が青になった。瑞波はまた猛ダッシュで走りだした。

瑞波「…冷たすぎて足の感覚が無くなってきた…でも冷たさだけはビシビシ伝わってくる。。キツいねー、これ。…」

瑞波は冷たすぎるあまり、おかしくなって楽しんですらいた。

家に帰ると、一目散にストーブの前に走った。

瑞波「ああーー、天国だー!!」

瑞波の母「もー、こんな時にまで裸足で行くことないんじゃないの?」

瑞波「へへ…。でも雪降るなんて聞いてなかったからー!」

こうして、一足早い冬が訪れた1日が終わった。