裸足生活には一難去ってまた一難!?

裸足フェチへ送る、女子高生の愉快な非日常裸足ストーリー。

19.新学期

【スポンサーリンク】
/* ↓この間に取得したアドセンスのコード */ /* ↑この間に取得したアドセンスのコード */

夏休みが終わり、後期がスタートした。残暑厳しい中、性懲りも無く瑞波は裸足のまま家を飛び出した。

瑞波「…熱いには熱いけど、ピークの時程では無くなったなぁ。でも、アツイ…。」

瑞波は熱い地面の上を裸足で歩く方法をマスターしていた。駆け足で出来るだけ地面と接地する時間を少なくし、信号待ちはかかとだけで立ち、地面との接地面積を少なくした。f:id:ngot68127774:20180913225705j:image

瑞波「…あつつ…あっつ…」

今日も熱い地面に耐えながら学校に向かった。

瑞波「おはよー!」

詩織「おはよ!今日からまた始まるねー…」

美波「それなー…。ま、頑張ろっ。」

通常授業に戻り、いつも通りの学校生活が訪れた。

詩織「でもさ、2ヶ月後には文化祭だよ!」

美波「たしかに!でも、文化祭って何やるんだろ?出店とか、劇とか?」

瑞波「部活動の紹介があるって先輩から聞いたよ!」

美波「それって、空手部もあるの?」

瑞波「うん!だって部活の先輩に聞いたんだもん。」

美波「そうなんだー…。」

詩織「お!美波の空手が見れるのかー!これは動画に収めねば!」

美波「ちょっと!勘弁してー!」

詩織「へへん。これはまたとないチャンスだからね。しっかり収めないと。」

美波「もー…。」

瑞波「まあまあ、そう落ち込まないでよ…。」

文化祭のアクティビティとしては、焼きそばやフランクフルトなどといった定番の出店から、射的や輪投げなどのお祭り定番のゲーム系、劇やお化け屋敷などの出し物などがある。また、3学年は体育館で一クラスあたり30分程の劇を披露する。

学級委員「私たちのクラスが何をするのか決めたいと思います。候補は黒板に書いた通りです。まずは、出店かゲーム系か出し物系かを多数決で決めたいと思いますので、1人1回挙手をお願いします!」

「出店をやりたい人は挙手お願いします!」

15人の手が上がった。

「ありがとうございます。それでは、ゲーム系をやりたい人は挙手お願いします!」

5人の手が上がった。

「ありがとうございます。では、残った人は出し物系の票とさせてもらいます。」

残りの人数は15人だった。

「えーと、出店と出し物が同率票となりましたので、このまま先に進めます。出店は焼きそば、フランクフルト、ソフトクリーム、チョコバナナがあります。」

「出し物系はまだ決まっていませんが、お化け屋敷や劇などが考えられるかなと思います。他に何かありますか?」

〜静寂〜

「特に無さそうですかね!では、出し物系はこの2つでいきます。」

「以上、出店4つの出し物2つの6つから多数決を取りたいと思います!」