裸足フェチへ送る、裸足小説

裸足フェチである主が綴る裸足小説。

先住民の裸足生活

⑥お茶会

後日、トモはあの時ユキからもらった連絡先に連絡してみることにした。 トモ「…こんにちは、トモです。先日は急に話しかけてしまいすみません。お気遣いは構いませんので、一度お茶でも出来ればと思い連絡しました。僕は今週基本空いてますので、都合のいい…

⑤バイト

バイト日、いつものように自転車で向かおうとすると、 ユキ「あ、そうだった。自転車、無いんだった…。てか、ヤバっ!時間間に合わないじゃん!」 ユキは慌てて家を出る。家の近くは舗装されておらず、土の道なのでそこまで熱くはない。しかし、大通りに出る…

④定期試験

ユキは大学生になって初めての試験を翌日に控えていた。 自宅では勉強に身が入らないため、家から徒歩10分の近所の図書館で勉強している。しかし、アスファルトが熱いためいつも自転車で向かう。この日もいつものように自転車で行こうとするが、自転車がない…

③ユキのアルバイト

大学生活にも慣れてきた頃、ユキはアルバイトを始めようと思い、求人サイトを見ていた。 「どうしようかなぁ、やっぱり裸足っていうのがどうしてもネックだよね。」 つい一昔前まではみんな裸足というのが当たり前だったこの地域。開発が進み、今や裸足は少…

②先住民の大学

先住民が暮らす街は人口20万人ほどで、内先住民は5%の1万人程度だ。大学の生徒数は移住者&留学生:先住民が8:2の比率でいる。そのため、服装も様々だが、移住者は基本的に洋服、先住民は伝統の服装をまとう。文化や国も様々であるが、先住民はその地域からの…

①先住民の住む地域

その昔、都市開発が進む前の某国の某地域ー そこは先住民が住む地域。赤基調のカラフルな中華系の服装で、男性は黒い革靴を履き、女性は何も履かない裸足の格好というのが先祖代々の服装。先住民は自給自足で農業や牧畜をして生活をしていた。 年月は流れ、…