裸足フェチへ送る、裸足小説

裸足フェチである主が綴る裸足小説。

アイドルグループ"ベアフット"

(8)マラソン大会放送

初のテレビ収録から早1ヶ月、あのマラソン大会が放送されるとあって、ベアフットの5人は寮のテレビの前に釘付けだ。 藍田「私たちチョー頑張ったからね!たくさん映ってるといいなー!」 四宮「頑張ったからといってたくさん映るとは限らないのよ。人気なア…

(7)握足会

9月15日土曜日。あの焼け付くような鉄板ステージのライブから約半月経ったこの日は、当時券を配布した握足会の日だ。ベアフットとして初めてのファンとの交流ができるという事で、メンバーは楽しみと不安の気持ちが入り混じっていた。 会場は小さなライブハ…

(6)アイドルマラソン大会

芸人A「さあ!いよいよ始まります。アイドルマラソン大会!MCは我々が担当させていただきます。よろしくお願いしまーす!」 〜拍手〜 芸人B「しかし、アイドルがこんなにも一堂に会すると、圧巻ですねー。なかなか拝めない光景です。」 芸人A「さて、では早…

(5)TV収録

道明寺「みんな、明日はいよいよ初めてのテレビロケだよ。気合い入れていこうね!」 藍田「おー!!」 安元「いよいよだね!今から緊張して夜眠れないかも。」 四宮「いつも通りにやればいいのよ。」 楠木「私たちの…裸足をアピールするチャンスですね。」 …

⑷レッスン場

初ステージを終えた翌日、いつものように熱いアスファルトの上を裸足で歩いてレッスン場へ向かうと、そこにあるはずのレッスン場は無くなっており、代わりに和渕がそこに立っていた。 和渕「みんなおはよう。」 5人「おはようございます!」 道明寺「あれ、…

⑶初舞台

来る日も来る日も、寮から裸足で熱い地面を歩いてレッスン場へ向かい、レッスンの日々。 そんな日々が1ヶ月経とうとした時、初めての表舞台の仕事が舞い込んできた。 プロデューサー(以下、P)「今日はアイドルとして初の表舞台でのお仕事です。ラーメンフェ…

⑵アイドルデビュー

⚪︎藍田里佳子(あいだ りかこ) 5月8日生まれ 中学3年生 15歳 ショートヘアーの元気っ子。中学ではバスケ部に所属するボーイッシュな女の子。 ⚪︎楠木きらら(くすのき きらら) 4月5日生まれ 中学1年生 13歳 グループ最年少。中学では美術部に所属し、普段は大人…

⑴アイドルオーディション

某年8月、ある1つの5人組アイドルグループのオーディションが開催される。そのグループ名は"ベアフット"。そう、名前からもわかるように、普通のアイドルとは大きく異なる点が一点だけある。それは、アイドルとして仕事をしている間は常に"裸足"であるとい…